とても残念ですが、
2014FIFA W杯で日本がグループリーグ(GL)で2敗1分と決勝トーナメントへの進出ならず。
これが世界の実力と現実
確かに課題が多く、ザックジャパンとしては、新たな戦略を必要とするが、
アルベルト・ザッケローニ監督は辞任を表明しており、
次の監督にその部分を修正して欲しいと頼んだ。

ただ、今大会で一番の番狂わせは、
前回の王者・優勝した「無敵艦隊・スペイン」が早々にGL敗退だったのではないか?
きっとイギリスのブックメーカーも超ビックリだと思う。

侍ジャパンはきっと、もっともっと強くなれる。
本田選手は、この4年間全てをリセットするつもりで、
次回の、2018ワールドカップ(開催地・ロシア)大会に繋げたいとコメントしていた。

おすすめの記事